うっかり1週間後

ゲームミュージック界の大物コンポーザー、『アイマス』アーティストも登場したライブイベント“EXTRA”が開催
5pb.、第2回となるゲームミュージックイベント
「EXTRA HYPER GAME MUSIC EVENT 2008」を開催

DS-10からオトメディウス、そしてアイマスまで - ゲームミュージックの祭典「EXTRA2008」開催

うかうかしてたら1週間経っちゃったぜ。
というわけでEXTRA2008に行ってきたよ。

詳しい内容は上の記事を見て貰うとして、俺的にはしょっぱなから「時の傷跡」で鳥肌全開、グラディウス・悪魔城・ツインビー・沙羅曼蛇(コナミ)、レイフォース・サンダーフォース(タイトー)、リッジ・ドラスピ(ナムコ)、ファンタジーゾーン・チャロン(セガ)その他諸々で休む暇なし浮かれっぱなし。生古代祐三やら光吉猛修の生歌(PSO民的にはバーニングレンジャーの人な)とかちょっと。

んで締めのアイマス、始まったとたん会場の大部分でサイリウムが光り出しておまいら今までどこに隠してたんだwとか思いつつ自分も全開だったわけで。4時間近く経ってるのにみんな元気だな。
レトロゲーミュージックでずっと盛り上がってたんでアイマスはアウェーかなぁと思ってたんだけど杞憂だったわw
やっぱ客層かぶってるね。

振り付けがいつものこのみ先生じゃなく別の人ということもあってゲーム振り付けを交えた今風?のダンスが新鮮で良かったわー。
歌は全部ファミソン8bitからの選曲で、ライブでやるには無理があるだろう的なFly High!(みんごす)やらShooting!(おにぎり)を完璧に歌い上げ、元ネタとアイマスの映像と明音氏のちびキャラ(書き下ろし)を上手く組み合わせたバック映像(早い話がMAD)、観客を盛り上げる演出、音響、照明、どれをとっても(自分が参加した中では)過去最高クラスの出来ではなかったかと思うのですよ。
バースデーソングは5pbをちょっとは見習えと。

んで、自分のいた位置がステージ下手端のちょい舞台から離れたところにあるDJブースの目の前だったんで、ステージはちょい遠目でしか見れないわーとか思ってたら目の前のDJブースにあっきーとひろりんが出てきて驚いた。
そりゃもうモニタ用のイヤフォンのメーカーが分かるくらい近くで歌って踊ってるのさ(UltimateEarsだった)。
あっきーはますます垢抜けてより一層エロく(ぉ、ひろりんはほんとにあの食い道楽Blogを書いてる主婦かと思うほど格好良かったわ。まさに真が目の前にいる感覚。
ステージ正面行こうと思えば行けたけど無理にがっつかないで良かった(*´∀`) ほくほく

これで怒濤の3連休はおしまい。
新木場からの帰り道は足腰腕がズタボロだったけど楽しかったわ。
e0060029_1415543.jpg

[PR]
by fiaemon | 2008-10-19 14:15 | 独り言
<< アケマス EXTRA 終了 >>